プレゼントを交換できるよう、イベントを企画したりもします。

年明けから続くコロナ19で、世界の流通業界は痛手を受けました。 社会的距離を置く運動が長期化するにつれ、人々は財布を固く閉ざすなど、全般的に消費が萎縮した様子を見せました。 ところが、このような状況のなか、むしろ売り上げが伸びてまさに好況を迎えているところがあります。 ブランド品市場です。 経済は悪いのにブランド品を買うということに首をかしげる方もいらっしゃるでしょう。 今日、HSアドブログではポストコロナ時代、ブランド品市場が活性化された理由と、新興大手として浮上したお客様の話まで一緒に紹介いたします!
コロナ19でブランド消費が増えた?!
韓国の百貨店3社の総売上は前年より減少しましたが、むしろブランド品の売上は15.1%増加したことが調査で明らかになりました。 最近、デパートのブランド品館の前では、オープン前からお客が長い列をつくる「オープンラン」騒ぎが起こりました。 では、ブランド消費が増えている理由は何でしょうか?

多くの専門家は抑えられていた消費欲求が噴出する報復消費を挙げています。 コロナ19 長期化で気楽に行けず、家にいる人々が高価なものを購入して気分転換しているのです。 しかも、海外旅行が滞って貯めた旅行資金が節約されたために生じた金銭的余裕により、普段は購買しにくかったブランド品に手を伸ばし始めたと思われます。

▲カカオトークをプレゼントするに公式ブランドストアをオープンしたティファニーアンドコ(出典:カカオコマース)
ブランド品は主に海外旅行中に現地や空港の免税店で安く購入してきましたが。 ブランドショッピングが可能になった点も、ブランド品消費の増加に大きな役割を果たしています。 自社のオンラインショッピングモールだけでなく、カカオトークのプレゼントにも名品テーマが新設されるなどグッチ、プラダ、ティファニーアンドコなど20以上の名品ブランドを簡単に見て回ることができるようになりました。

一方、SNSの発達により、私だけの個性を認めたがる文化がブランドショッピング分野へと拡大した傾向も見られます。 値段に比べて心の満足を追求する消費トレンドである心比、SNSなどで富を誇示するFLEX消費など、コロナ19で抑えられていた消費欲求とフレックス文化が合わさり、ブランド品の消費が著しいと思われます。
●浮上する「大物」、MZ世代?

スマート学生服のアンケート調査によると、ブランド品購入経験のある10代の青少年は56.4%で半分以上の数値となったといいます。 中高年の専有物とされた名品 しかし最近、ブランド品を売り上げたのは10代から30代、MZ世代でした。 実際にYouTubeやインスタグラムなどのSNSではブランドショッピングハウル、ブランドハッシュタグなどの関連コンテンツを簡単に見ることができます。 そして、このコンテンツの主な消費層も、MZ世代ということが分かります。 彼らはSNSを通じて名品情報やチップを得て、名品を購入することに慣れています。

▲「ブランドハウル」を検索すると出てくる様々なYouTubeコンテンツ、高いアクセス数を表示する
MZ世代は既存の世代とは違う傾向を見せています。 「所有」よりは経験に焦点を合わせてブランド品をきれいに使っていたが、中古取引で売ってお金を節約する「リセル」に注目しています。 彼らにとって、ブランド品は贅沢ではなく、投資の対象です。 ブランド品、限定版ならではの希少性の価値を知るため、喜んで時間とお金を投資しております。

ロッテ百貨店の海外ブランドの売上調査によると、2018年MZ世代のブランド購入比率は38.1%でしたが、2020年には46%まで増加したことが明らかになったんですが。 このようにMZ世代がブランド品に注目する現象が続くと、デパートをはじめとするブランド品は多様な方法で彼らを魅了させています。
●MZ世代狙撃に乗り出したブランド品市場
オンライン、モバイル環境において、誰よりも親しみやすいデジタルネイティブ世代である彼らは、ブランド品も特別なショッピングをしています。

オンラインブランド販売プラットフォームの活性化に伴い、オンラインブランド消費が増えています。 先に出会ったカカオトークプレゼントサービスに名品ブランドが入店したことも、MZ世代の消費者をつかむための方法の一つです。 各ブランドはオンラインプラットフォームを活用し、誕生日、成人の日、卒業など特別なシーズンにブランド品を交換できるよう、イベントを企画しています。

레플리카 一方、ブランド品はMZ世代にとって身近なイメージを形成しようとするゲームやアバターなど、仮想現実市場に参入しました。 グッチは、ゼペットとコラボして新作コレクションを発表したりもしたんですが…。 アバターモデルに新作衣装を着せてファッションショーを行い、グッチのアイデンティティが盛り込まれたワールドマップ空間を駆使するなど、新しい姿を披露しました。 実際に売場で購入できる商品で構成され、服からバッグ、帽子など様々なファッションアイテムを特別な方法で披露し、ブランドの魅力度をユニークに高めました。

デパート業界はVIP進入障壁を低くするため2030専用メンバーシップを導入し、専用カフェ利用、誕生日記念特典、ラグジュアリーラインナップなどを強化しています。 最近、現代百貨店でオープンした’ザ·現代ソウル’もMZ世代にホットなレストラン、カフェなどが一堂に集まっており、彼らを狙ったデザインでラウンジ空間を作りホットプレイスとして浮上しました。

ブランド品市場の未来の主な顧客層から現代の大物に浮上したMZ世代。 「この現象は、コロナ19による一時消費ではなく、新しい文化以上に活発になると見えますね。」 自分の満足のためなら、気軽に財布を開くMZ世代と、彼らを引き付けるためのブランド品の競争は今後ますます激しくなると予想される。 ブランド品購入の進入障壁が低くなった現在、またどのようなサービスが活性化するでしょうか?

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다